読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポータブルオーディオとガジェット好きおやじのブログ

ポータブルオーディオを中心にガジェット関連のことを書いていきます

SONY製高級DAP NW-WM1Aについて

最新ウォークマン NW-WM1Aについて

ずいぶん久しぶりの投稿になりました。
その間にポータブルオーディオ環境も随分と変わりました。(背景画面も更新しました(^^;))。DAPはAK70から、タイトル通りのウォークマン NW-WM1Aに変わりました。
今までDAPについては、

  • AK100 mk2
  • AK120
  • AK100II
  • AK120II
  • AK240
  • AK320
  • AK300
  • AK70
  • NW-ZX1
  • NW-ZX2
  • COWON PLENUE D
  • COWON PLENUE M

を使ってきましたが、一番いい音(あくまで主観です)だったのが、AK120IIでした。なので、ついこないだまではAK 120IIを中古で入手して使っていましたが、先日、ウォークマンの最新機種NW-WM1Aを購入しました。理由は、

  • バランス接続に対応したこと
  • 出力が上がったこと
  • 音楽データ管理にmedia goを利用いること
  • NW-WM1Aのレビューを見て、これは自分にフィットするかもと思った

と、いったところです。AK120IIは私の中では、AKシリーズの中でも、メリハリのある元気系サウンドを出してくれるDAPという認識です。以前、AK120IIを使っていて、その後継機ということでAK320に替えたときは、「あれ?」と思ってしまいました。これは明らかにAK120IIの方が自分の好みの音だ!と、思ってしまいました。その後は、上記の色々なDAPを渡り歩いて、結局最後は、AK 120IIに戻っていました。

 ウォークマンについては、上記の通り、ZX1,ZX2共に使った経験がありますが、やっぱりAKに比べると音作りが荒くて(ドンシャリの元気系とも言えるかも知れませんが)フルデジタルアンプのデジタル臭さみたいなものもあり、好きになれませんでした。しかしながら、WM1Aでバランス接続に対応(ZX2はグランド分離のみでバランス接続、というかバランス駆動はやっていない)したので、試してみたくなりました。

 新品で購入して60時間程の再生時間を経た結果としては、

  正解でした。私の中でAK120IIを超えて一番になりました。

 バランス駆動に対応したことと、出力が上がったことでポタアン等無しのDAP単独駆動でもポタアンを使っているような、圧倒的なキレ・メリハリを感じます。フルデジタルアンプ(S-MASTER HX)もかなり見直されているようで、ZX1,ZX2で感じた違和感は全く感じません。WM1Aを使っていると、「これって、ポタアン使っている?」と感じてしまいます。改めて、アンプの重要性を再認識してしまいます。ポータブルのDAP一発でこの音を出せる、というのはすごい!と感動しています。内蔵コンデンサ等のエージングで200時間が推奨されているので、まだその半分にも達していませんが、確かに40時間を超える辺りから、音の深み・音場感が広がってきたように感じました。

 イヤホンはSE-846を相変わらず使っている(でもブロンズからクリアに買い換えた(^^;))のですが、SE-846って、こういう低音を出すことができるのね、と初めて実感できました。SE-846は特殊なアコースティック・ローパス・フィルタによるBAとは思えない低音表現に特長のあるイヤホンですが、色々なDAPを試してきた中では、今まで感じたことのない低音を聞くことができます。元々、ウォークマン自身はドンシャリなのだと思いますが、そういうドンシャリというよりは、ちょっとした据え置きアンプを使って音を聞いている感覚です。こういう音がポータブルDAP一発で聴けるということに感動を覚えてしまうレベルです。とにかく、自分の中で、これまで一番だったAK 120IIを超えた現在一番のDAPです。

SHURE SE215m+を購入してみた件

 最近、新しいイヤホンを購入しました。SHURE SE215m+です。

f:id:yoshi01271973:20161112231940j:plain

 SE215のスペシャルエディションで本体カラーがホワイトになったことと、ケーブルにApple Device対応リモコンがついたこと、以外はSE215の前のスペシャルエディションと変わりません。日本限定販売だそうです。

 自分のメイン機はSE846なのですが、バランスケーブルにリケーブルしているので、iPhone6sで気軽に音楽を聴こう、と思っても3.5mmアンバランスには接続できません。そのためのサブ機的に購入しました。

 そういう理由だったので、音質についてはそれほど期待はしていませんでしたが、いざ使ってみると、…あれ、ダイナミック型って、こんな音だったっけ、……、結構いい音してるし。しっかり聴き込んで比較してみると、やっぱりSE846は別格だと思いますが、それにしても、SE215m+はこれはこれで、けっこう聞いていて楽しい感じです。SE846はBA型らしからぬ低音が特長の1つですが、SE215はダイナミック型らしい芯のあるしっかりした低音で、ただSHUREのモニターライク路線はしっかりと継承していて、低音が過多になることはなく、あくまで全体のバランスの中で低音もしっかりと聞かせてくれる感じです。

 SHUREイヤホンは付属品が充実しているのも、うれしいポイントの1つです。

f:id:yoshi01271973:20161112233215j:plain
特に私的には、付属のジッパーケースが見た目も良く、サイズ感も適切で非常に使いやすくて気に入っています。イヤホン本体もホワイトのボディーにグレー文字で「SHURE」のメーカーロゴが入っていて、これまでのSHUREイヤホンにはないカラーリングで、ここもSE215m+のおすすめポイントの1つです。

AK70に200GBのmicroSDを使ってみた

 これまで128GBを使っていましたが、空き容量が10GBほどでさすがに心許なくなってきたので、思い切って200GBをアマゾンでポチってみました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00YI80E3S/ref=pe_492632_159100282_TE_item

 サンディスクのclass10 UHS-1の商品です。価格は1万円をちょうど切る位です。そういえば、今持っている128GBもそれ位の価格で買った記憶があります。

 AK70は、確かオフィシャルには128GBまでの対応だったと思うので(64GBだったか?)200GBは自己責任、ということになります(^_^;)。

 購入後、PCでデータ転送するために、カードリーダーで接続してみました。空の状態で、空き容量の表示は183GBとなっています。そうなることは、ネットでの事前情報で知っていたので驚きもしませんでしたか、冷静に考えてみると、これは誤表示(あるいは虚偽記載?)とも言えなくはないですが。

 旧カードから新カードへの直接転送になったので、カードリーダーに両方のカードを差して、110GB弱のデータ転送(カードリーダーはUSB3.0接続)になりましたが、4〜5時間位で転送完了です。

 そして、そのカードをそのままAK70にぶっ差して起動してみましたが……、あっさり認識してくれました。その後も何の問題もなく使えています。

 と、言うわけで無事AK70の容量アップが完了しました。容量不足でお困りの方はおためしあれ。但し、あくまで自己責任で。

SHURE SE846+Fidue MMCX 2.5mmケーブル

 今、使っているSE846(ブロンズ)+Fidue バランスケーブルの写真を載せてみました。マッチング(?)の参考になれば。(このFidueは「染めQ」使って黒色に着色しています)

f:id:yoshi01271973:20161101222951j:plain
 SE846の付属ケースです。正方形のケースでケーブルを巻いて収納するには非常に便利なケースです。SHUREロゴのプレートが中央に収まった見た目もいいケースです。結構、気に入っています。

f:id:yoshi01271973:20161101223648j:plain
 ケースを空けた状態です。こういう感じで収まっています。この収まりの良さは、正方形形状だからこそです。

f:id:yoshi01271973:20161101223831j:plain
 ケースから出した状態です。ケーブルの太さはどちらかと言えば、細い方です。SE846の付属ケーブルよりは細くてしなやかです。

f:id:yoshi01271973:20161101224423j:plain
 コネクタ部は2.5mm4極バランス仕様です。金色のコネクタでよいアクセントになっています。コネクタサイズも比較的小さくコンパクトです。

f:id:yoshi01271973:20161101224631j:plain
 ケーブル分岐部には金色の金具がアクセントになっています。「A83」の文字はご愛敬です(^^;)。

f:id:yoshi01271973:20161101224948j:plain
 イヤホン部の拡大写真です。MMCXコネクタ部は曲がっているので、SHURE掛けするのにちょうど良い形状です。耳掛け部はワイヤー入りなので耳に合わせてしっかりとクセを付けることができます。

f:id:yoshi01271973:20161101225332j:plain
 MMCXコネクタを外した状態です。このケーブルには小さなスペーサが付属しています。A83イヤホン以外の一般的なMMCXコネクタのイヤホンに接続する場合には、このスペーサを入れて接続します。スペーサを入れなくても接続できて音もちゃんと聞こえるのですが、微妙なすきまが空いてしまうので、それを埋めるためのものです。

 また、私は使っていませんが、このケーブルには、2.5mm4極→3.5mm4極変換ケーブルが付属しています。これは、3.5mm4極バランスに対応したプレイヤーを使うときの変換ケーブルのようです。例えば、SONY製のZX2やOPPO製のHA2に採用されている3.5mmバランスコネクタです。ZX2では使えた、という情報がネット上にありましたが、HA2はそういう情報を私は見たことはありません。多分、いけると思うのですが。ちなみに、iPhoneにつないでみましたが、片方からしか音が出ず、そういう目的での変換ケーブルとしては使用できないようです。

SHURE SE846でおすすめのリケーブル

ケーブルの巻きグセ

 高級線材を使ったリケーブルは比較的ケーブルが硬めのものが多いです。2芯4芯ものによっては8芯をより合せた構造になっているので、iPhone付属のイヤホンのようなケーブルと比べると硬くなります。そうなるとどういう現象が起きるかというと、プレイヤーにつないでイヤホンを装着すると、イヤホンからプレイヤーの間でケーブルがクルクルと巻きが残ってしまいます。これが結構、ポータブル利用では邪魔臭くて見た目もイマイチです。理想的には、巻きグセがつかなくて、取り回しすると自重で垂れ下がる状態です。

f:id:yoshi01271973:20161031223810p:plain

 私がこれまで使ってきたリケーブルの中で、こういう状態になったのは、JH-AUDIOの4姉妹(ロクサーヌⅡやロージー等)に付属のMOON AUDIO社製ケーブルです。これは、ケーブルのみの販売もされていますが、コネクタがJH-AUDIO専用になっているので、SE846には使えません。

 Fidue MMCX 2.5mmケーブル

 そういうわけで、今使っているのはFidue(フィドゥー)のケーブルです。

www.e-earphone.jp

 このケーブルは元々Fidue A83というイヤホンに付属のケーブルのようです。実際、ケーブルの左右分岐部の金属パーツには「A83」と書かれています。現状では、A83の仕様変更でケーブルは専用品になってしまったので、今後、MMCXのこのケーブルの販売が継続されるかどうか、心配ですが。

 線材自身は7Nグレードの無酸素銅に銀メッキ、という価格の割には結構よいものを使っています。実際、1万円未満の価格帯の他のリケーブルと比べると、音の変化がはっきり分かります。音の変化や使っている線材を考慮すると、価格的には2万円前後ものにもひけを取らないと思います。コストパフォーマンスが高いです。

 また、このケーブルのイヤホンコネクタ部分は、少し曲がっている形状で、SHURE掛けしたときのケーブルの取り回しがスムーズでフィット感が増します。また、耳掛け部はワイヤー入りなのでしっかりホールドさせることができます。耳掛け部は、このケーブルやSE846付属のケーブルのように、ワイヤー入りのもの、beat audioのケーブルのように曲げクセがはいっているもの、そして、onsoのケーブルのように細くて柔らかいケーブルでストレートのもの、3種類ありますが、私はワイヤー入りが好きです。

 ケーブル本体も非常にしなやかで巻きクセがつくような気配はありません。プレイヤーと接続して取り回ししても、自重で垂れ下がり、私にとっての理想の取り回しになります。非常に気に入っています。

SHURE SE846のリケーブル

イヤホンのリケーブル

 SHURE SE846を始めとする高級イヤホンでは、イヤホン本体とケーブルはコネクタで分離可能な構造になっていて、ケーブルのみを交換できる構造になっています。これ自身は、元々イヤホンのトラブルで一番多いのがケーブル断線等のケーブルに関するもので、そこをケーブルのみの交換で対応出来るようにするものでした。

 しかしながら、現在のイヤホン・コンシューマ市場では「リケーブル」といって、ケーブルを積極的に換えることで、より高音質を獲得する手法として、様々な「リケーブル」用のケーブルが販売されています。SHURE SE846もケーブルが分離できる構造になっていますが、この本体とケーブルのコネクタ部分が「mmcx(エムエムシーエックス)」と呼ばれる規格のコネクタで、このコネクタに対応していれば、SHUREが提供する純正品以外でも取付可能です。

 「リケーブル」による高音質化は、元々はケーブルに使用される線材の変化による効果でしたが、現在ではもう1つ別の意味での高音質効果があります。それが、いわゆる「バランス接続」というものです。

 バランス接続とアンバランス接続

 イヤホンを駆動している電気なので、+(プラス)とー(マイナス)があって、それを接続すると音の波(空気の振動)を電気信号に変換した電気の波がケーブルを伝わってイヤホンのドライバで音に変換されて、音がドライバから発せられます。

 一般的なイヤホンのコネクタは「3.5mm3極」になっています(iPhoneはリモコン付でリモコン操作信号が加わるのでコネクタが4極になっていますが、音声信号用としてはやはり3極しか使っていません)。イヤホンはR側/L側2つのドライバがあるので、それぞれに+、ーを取ると、本来、4極必要ですが、ー側をR側/L側で共通化することで3極になっています。これが「アンバランス接続」と呼ばれるもので、一般的なイヤホン・ヘッドホンはこれになっています。これは、自動車の配線でマイナス側の接続をボディーアースに接続(車体本体の金属部分をマイナス配線として利用している)するのと同じような考え方で、マイナス側を共通にすることで配線長を節約することが目的です。これに対して、「バランス接続」はマイナス側もR側/L側も別々になっており、4極になります。

f:id:yoshi01271973:20161030173045p:plain

 「バランス接続」のメリットは「アンバランス接続」において発生する「クロストーク」という現象を防止することです。ドライバを駆動する回路は+/ー配線でループになっていますが、「アンバランス接続」の場合には、ー配線を共有することで、このループがR側とL側が一部くっついた状態になっています。このときに、片方のループに音声信号(電圧変動)を流すと、反対側に誘導起電力が発生します。この現象は、片方の信号がもう片方に漏れ出すような現象なので「クロストーク」と呼ばれます。「バランス接続」の場合には、左右のループは完全に独立しているので「クロストーク」は原理的に発生しません。これによって、「左右のセパレーションが良くなる」効果があります。

 バランス接続:逆位相信号による能率アップ

 「バランス接続」によるメリットは「クロストーク」防止だけではありません。より本質的な「バランス接続」の機能は、R側/L側それぞれで+側から正相信号を、ー側から逆相信号を送出して、ドライバ側で逆相信号のみ正相に戻してから信号を重複させることです。これにより、(1)途中で外乱ノイズが印加しても、ドライバ側での信号重複時に片方のみ相を反転するのでノイズ信号は打ち消し合い除去される (2)ドライバ側で信号を重複することで信号強度は2倍になる、ことになり、「アンバランス接続」に比べて、信号伝達能率がアップします。体感的にはよりメリハリのある音に感じることができます。

 「バランス接続」を実現するためには、プレイヤーが「バランス接続」に対応することが必要です。そして、「バランス接続」に対応したケーブルが必要です。イヤホン側は特に「バランス接続」に対応している必要はありません。私が持っている、プレイヤー(dap)のAK70は2.5mmバランス接続に対応しているので、SHURE SE846も「バランス接続」用のケーブルにリケーブルしています。「バランス接続」できるプレイヤーとリケーブルできるイヤホンを持っているのであれば、是非、「バランス接続」試してみて下さい。

おすすめのリケーブル

 と、いうわけで、SHURE SE846でのおすすめのリケーブルについて、若干紹介させてもらおうと思います。とはいえ、mmcxコネクタのバランスケーブルは結構たくさんのメーカーから商品化されています。ただ、定番と呼べるものはあるので、私が実際に試した部分も含めて紹介したいと思います。が、あくまで個人的な感想です。

beat audio supernova

 高品質リケーブルの定番といえば、やはり、beat audio社でしょうか?その中でも3兄弟とも言える定番商品の1つ目が、supernovaです。

f:id:yoshi01271973:20161030222521j:plain
 高純度銅線胴体に銀メッキを施した導線を使用しており、高純度銅線による全域の音質改善と銀メッキによる高音域の煌びやかを感じることができます。残りの2種類もそうですが、beat audioのケーブルは、リケーブルによる音質の変化をはっきり感じることができます。

beat audio vermillon

  こちらは銅線オンリーですが、特殊なミネラルを添加しているそうです。ちなみに特徴的な赤色(名前の由来でもありますが)は被覆の色で線そのものの色ではありません。銅線なので、全域の音質改善が感じられますが、supernova以上に全域にパワフルさ・メリハリが加わる感じです。

f:id:yoshi01271973:20161030222534j:plain

beat audio signal

 

f:id:yoshi01271973:20161030222548j:plain

  こちらは銀線です。細い銀線をたくさんより合せて作っているそうです。これを黒い被覆で覆ったケーブルで、見た目もシックでかつしなやかなケーブルです。銀線なので、vermillionに比べるとsupernovaに近い、煌びやかさかと思いきや、vermillion的な全域改善なのでちょっと不思議です。とはいえ、vermillionとは傾向は異なり、より繊細さが加わるような感じです。ちょっと変わり方が地味かも知れません。

結局、どれがおすすめなのか?

 この3つはどれも使ったことがありますが、この3つから選ぶのであれば、私はvermillionがいいかと思います。全域に渡り力強さが加わる感じがいいです。ですが、私は現状ではこの3本のどれも使っていません。音質改善という意味では、どれもそれないに満足させてくれるのですが、やはり取り回しがよくありません。特に、supernovaは結構ケーブルが硬いので、取り回しに苦労します。また、このシリーズはイヤホン側は形状保持ワイヤー入りではなくて、始めからSHURE掛けのために屈曲しているタイプですが、supernovaの場合、ケーブル側のクセが強くて、イヤホンが持って行かれてしまう感覚でした。使っていると徐々にイヤホンのポジションがずれて来てしまい、どうしてもなじめませんでした。vermillionやsignalはsupernovaほどの硬さはないので、さすがにイヤホンが持って行かれることはないですが、vermillionはケーブルは柔らかいといえば柔らかいのですが、逆に収納時のケーブル巻き癖がついてしまい、使用時にケーブルが途中でくるくる巻いてしまうのが取れなくて、取り回しがすっきりいきません。signalもvermillionに近い状態で、vermillionよりはクセはつきにくいですが、やはり巻き癖は残ってしまいます。

 ポータブルで使うイヤホンとしては、音質改善よりも取り回しが良くてストレス無く使えることがより大切だと、私は考えています。beat audio3兄弟はいずれもケーブル外装を被覆で覆っているタイプですが、このタイプはどうしてもケーブルにコシが出てしまい、巻き癖が残ってしまいます。そういう意味では、JH-AUDIOのロージーやロクサーヌⅡに付属していたケーブル(moon audio製)は非常にしなやかで、イヤホンを装着して取り回したときに、ケーブルが自重で垂れ下がり、巻き癖とかは一切発生しません。これらのケーブルは外装を被覆では覆われていないので、そういう違いが発生してしまうのだと思います。

 今、使っているケーブルはそういう観点で選んだものですが、詳しくはまた別途、紹介したいと思います。

SHURE SE846について

 今、メインで使っているイヤホンのSHURE SE846について、です。f:id:yoshi01271973:20161029211502j:image カラーバリエーションがありますが、ブロンズを使っています。ゴールドつぽくも見える明るいブロンズで高級感が漂います。
 イヤホンに関しては、これまでに本当に色々なイヤホンを聴いてきましたが、本当に1周回って(と、言うか3周くらい回ったと思いますが(^_^;))、やっぱりここに戻って来てしまいます。2013年に発売ですが、未だに安定の人気機種です。
 SE846はBAを4基搭載した、3way4driver(highx1, midx1, lowx2)の構成です。これだけ聞くと、低音重視かと思いますが、実際には、いわゆる「モニターライク」のフラットなイヤホンです。低音から高音まで、特にどこかが強調されることも無く、しかし、どの帯域もよどむこと無く、伸びやかにしっかりした音像で聞かせてくれます。
 長く聴けば聴くほど、味わいの分かる、スルメのようなイヤホンです。まさに「原音忠実」を体現した機種でしょう。3年以上前の機種ですが、その特徴的なメカニズムはいまだに先進的であるとも言えます。

f:id:yoshi01271973:20161029224513j:plain
 SE846に特有ともいえる2つのメカニズム、つまり、(1)lowユニットからの音をステンレス板10枚を重ねて作った音道を通過させることで、lowユニットから発せられる不要な中高域成分を減衰させる、アコースティック・ロー・パス・フィルタ (2)ノズル内のフィルタユニットをユーザー自らが交換できるギミック(バランス・ウォーム・ブライトの3種類)。最近になって、(1)(2)のメカニズム・ギミックを採用したイヤホンもありますが、発売当時は非常に先進的な機能でした。

 例えば、JH-AUDIOのロージーやロクサーヌⅡも使ったことがありますが、SE846と比べると、やっぱりドライバ数が多い(ロージーで6driver、ロクサーヌⅡは12driver!!)ので一聴した印象としては、SE846より音場がぐっと広がって、いい音に思えるのですが、長い時間聴いていると、SE846の「まとまった感」が、恋しくなってしまう感じです。思うに、多ドライバーのBAタイプも結局は3way3driverが一番バランスがよいのだと思います。ただ、BAはドライバの特性上、低音はそれほど得意では無いので、そこをlow側に2driverを割り当てて、さらに独自のロー・パス・フィルターを使うことで、上質の低音を実現したSE846は、ある意味、BA多ドライバーのイヤホンの到達点であると思います。それにロージーにしてもロクサーヌⅡにしても、やっぱり筐体が大き過ぎます(それに高すぎます(^^;))。
 高級なイヤホンであることには違いありませんが、昨今の高額化からすれば、こなれた価格帯に落ち着いていますし、質の良い中古品もたくさん出ているので、まだ試したことの無い方には、是非、オススメしたいイヤホンです。