ポータブルオーディオとガジェット好きおやじのブログ

ポータブルオーディオを中心にガジェット関連のことを書いていきます

SHURE SE846でおすすめのリケーブル

ケーブルの巻きグセ

 高級線材を使ったリケーブルは比較的ケーブルが硬めのものが多いです。2芯4芯ものによっては8芯をより合せた構造になっているので、iPhone付属のイヤホンのようなケーブルと比べると硬くなります。そうなるとどういう現象が起きるかというと、プレイヤーにつないでイヤホンを装着すると、イヤホンからプレイヤーの間でケーブルがクルクルと巻きが残ってしまいます。これが結構、ポータブル利用では邪魔臭くて見た目もイマイチです。理想的には、巻きグセがつかなくて、取り回しすると自重で垂れ下がる状態です。

f:id:yoshi01271973:20161031223810p:plain

 私がこれまで使ってきたリケーブルの中で、こういう状態になったのは、JH-AUDIOの4姉妹(ロクサーヌⅡやロージー等)に付属のMOON AUDIO社製ケーブルです。これは、ケーブルのみの販売もされていますが、コネクタがJH-AUDIO専用になっているので、SE846には使えません。

 Fidue MMCX 2.5mmケーブル

 そういうわけで、今使っているのはFidue(フィドゥー)のケーブルです。

www.e-earphone.jp

 このケーブルは元々Fidue A83というイヤホンに付属のケーブルのようです。実際、ケーブルの左右分岐部の金属パーツには「A83」と書かれています。現状では、A83の仕様変更でケーブルは専用品になってしまったので、今後、MMCXのこのケーブルの販売が継続されるかどうか、心配ですが。

 線材自身は7Nグレードの無酸素銅に銀メッキ、という価格の割には結構よいものを使っています。実際、1万円未満の価格帯の他のリケーブルと比べると、音の変化がはっきり分かります。音の変化や使っている線材を考慮すると、価格的には2万円前後ものにもひけを取らないと思います。コストパフォーマンスが高いです。

 また、このケーブルのイヤホンコネクタ部分は、少し曲がっている形状で、SHURE掛けしたときのケーブルの取り回しがスムーズでフィット感が増します。また、耳掛け部はワイヤー入りなのでしっかりホールドさせることができます。耳掛け部は、このケーブルやSE846付属のケーブルのように、ワイヤー入りのもの、beat audioのケーブルのように曲げクセがはいっているもの、そして、onsoのケーブルのように細くて柔らかいケーブルでストレートのもの、3種類ありますが、私はワイヤー入りが好きです。

 ケーブル本体も非常にしなやかで巻きクセがつくような気配はありません。プレイヤーと接続して取り回ししても、自重で垂れ下がり、私にとっての理想の取り回しになります。非常に気に入っています。